空席リスクを下げる

不動産投資でなかなか成果を出せていない人は、思い切って保有不動産を売ってしまいましょう。そして、その売却資金で上場不動産投資信託に投資をすることをお勧めします。上場不動産投資信託であれば、運用をプロが行ってくれます。今まで賃貸管理会社と行っていた空室対策の交渉や管理組合への参加をする必要がなくなるのです。ただ保有しているだけで分配金を受け取ることができます。つまり、手間と時間を省くことができ、そのうえで収益を獲得できるのです。しかも運用利回りは自ら不動産投資をしているケースとほとんど変わりません。むしろ上場不動産投資信託は多くの収益物件を保有しているため、空室リスクを下げることができ収入を安定させられます。

投資額もお手頃です。最も投資口価格の低い銘柄だと数万円で購入することができます。高い銘柄でも100万円を超える程度です。上場不動産投資信託の運用会社は個人投資家が投資しやすいように投資口価格がある程度上昇してくると分割をして投資口単価を下げる努力をしています。そのため、今は投資口価格が大きすぎて買えない銘柄でも、いずれ分割が行われ買いやすい価格になるケースもありますので、気になる銘柄はしばしばチェックをしておきましょう。また複数の銘柄を保有しておけば分散投資効果を発動することができます。上場不動産投資信託は1銘柄保有するだけでも保有物件の分散効果を得られますが、複数銘柄保有することでさらにその分散効果が高まります。